最新記事

仕訳知識なしで入力…「摘要優先」

キーパー財務ベンリ講座

さてキーパー財務ベンリ講座です。
初回は、ズバリ会計ソフトのキモ。入力です。
キーパー財務には基本の入力方法が「摘要優先」、「取引優先」、「仕訳優先」と3パターンあります。
このうち「摘要優先」と「取引優先」は、摘要又は取引先を選択して金額を入れるだけで入力が完了する自動仕訳入力です。

続きを読む→

記帳代行の顧問先は本当に意識が低いのか

未分類

こんにちは。株式会社シスプラ 企画支援室の堤と申します。
会計ソフトメーカーに勤務しているWebデザイナーです。
今回は、経営に関する意識は高いか低いかというお話です。

記帳代行されている顧問先に対して、経営改善の話をしても検討してもらえない。顧問料も安く、毎月の月次報告も必要ないと言われる。毎月試算表を見る気もないから意識が低い。だから付加価値業務の対象にはならない。
本当にそう思いますか?

顧問先の業績は?借入金は?…まずは確認してみてください。そして、「今期の借入金は○○○○円だから、利益を出すには毎月○○○円以上の売上が必要です。」と顧問先の社長に伝えたらどうでしょうか?

食いついてくると思いませんか?借入金の返済は経営者にとって重要な課題です。そして会社に必要な利益も気にならない経営者はいないと思いませんか?

経営者とはいつでも、どうやって売上を上げるか。収益を増やすのか?と悩んでいるものです。利益が出せる目標売上を提示されればモチベーションも上がるのではないでしょうか。「儲かる未来」を提示されて反応しない経営者などいないはずですから。

勝手に経営支援の対象ではない。意識が低い。と決めつけずにまずは顧問先企業の実態を把握して一度、社長さんとお話しされてはどうでしょうか。
「じゃあ来月から頼むよ。」と言われるかもしれません。

YOJiTSUは全ての会計ソフトと連動可能、予算作成も簡単に作成できます。顧問先企業の未来の為にYOJiTSUで予実管理を始めてみませんか?

+++───────────────────────────────+++

シンプルな予実管理で経営改善を。
クラウド予実管理 YOJiTSU
https://yojitsu.net/

フリーダイヤル:0120-638-377

+++───────────────────────────────+++

会計事務所に社長が求めているものは?

会計の気になる話

こんにちは。株式会社シスプラ 企画支援室の堤と申します。
会計ソフトメーカーに勤務しているWebデザイナーです。
今回は、付加価値業務を導入した場合のヒトのお話です。

顧問先の社長に満足されていると思いますか?これまでお付き合いのある顧問先ならば、先代からお願いしているから、特に不満はないから…と契約されていると思いますが今やネットで何でも分かる時代。

今までの業務品質では顧問先が離れてしまうかもしれません。…そういえばここ何年か新規顧客が増えずに会社をたたむ顧問先が増えたような…。なんて思いませんか?

では、顧問先の社長は会計事務所へ何を求めているのでしょうか?それは会計に詳しい税理士ならではの財務アドバイスです。しかし、先々月の試算表を見ながらの過去の財務チェックではありません。先月の予実対比で未来のための財務アドバイスを求めているはずです。

顧問先の社長は過去の財務状況の悪い点を報告されても響きません。常に収益アップにつながりそうな情報に飢えています。前期と比較して今後伸びそうな商品やサービスなどがわかったら、どう実行すべきかすぐに検討を始めるはずです。

YOJiTSUなら先月の実績を取り込むだけですぐに予算の達成度がわかります。予算を達成していればひとまずOK。未達ならばあとどのくらい足りなかったのか。原因はどこにあるのか?科目や補助を設定しておけば一目瞭然ですし、摘要からの分析も可能です。YOJiTSUには試算表でわからなかった情報が明確にわかります。

+++───────────────────────────────+++

シンプルな予実管理で経営改善を。
クラウド予実管理 YOJiTSU
https://yojitsu.net/

フリーダイヤル:0120-638-377

+++───────────────────────────────+++

« 古い記事

朝礼レポート

キーパー財務ベンリ講座

会計の気になる話

最新情報

ホームページをつくってまずやる7つのこと

フェイスブックの始め方 5ステップ