会計事務所甲子園に観戦してきました。

会計の気になる話

スタッフが会計事務所甲子園に観戦してきました。

会計事務所甲子園とは…
http://k-koushien.org/

弊社スタッフが会計事務所甲子園に参加してきました。
私は何かのきっかけで、ひそかにメルマガをとっていたので
参加を聞いてちょっと嬉しかったりしました。

自分の情報のアンテナというか方向性が合っているのかな…と
感じましたので(^^)
ザンネンながら私は観戦できなかったのですが、
観戦したスタッフにはたいへん良い刺激になったようです。

会計ソフトメーカーとしては、現場の最前線である
会計事務所についてよりよく知ることはとても大切なことですから
貴重な体験だったのではと思います。

会計事務所がこれから行うべきこと、進むべき方向性は、
決算などの税務作業ではなく、会社=社長を支えることではないか。
そのために、会計ソフトは、少しでも作業効率アップ、作業時間を削減し、
会計人と経営者がタッグを組んで会社の将来を考える時間を増やす。

経営者が考えることはたくさんあります。
ものづくりや丁寧なサービスだけ考えるだけでは足りず、
お金に関しても的確な判断が求められます。

そこで、会計人と会計ソフトを活用することで、
インパクトのある戦略を打ち出せたり、事業展開への出資など
もっと経営に力を与えられるはずです。

企業のより良い道具として使い続けられるように
現場の声を大切にしてキーパー財務も
進化し続けていけたらいいなぁと感じています。


« »